2015年3月15日日曜日

ドライブレコーダーで選ぶならどのタイプがイチオシなのか?







安くなったドライブレコーダーは買いか?



ドライブレコーダーも随分と安くなりましたね。


まだ高かった時代はスマホやiPodTouchで動画撮影してみたり、

小型カメラとメディアレコーダーを繋いで動画撮影を試みたりしたもんでしたが、

ここ数年で動画撮影のシステム自体がかなり安くなってきたのと

中国産の商品が出回るようになって価格破壊が起きています。

値段が高い国産品か数千円の中国製か悩むところですが、まずドライブレコーダーを取り付ける目的は何なのかを考える必要があると思います。


事故が起きたときの証拠となるものを録画すること

まずこれが大前提ですね。


走行中の風景が撮れて、たまに動画再生して

「ああ、あのドライブは楽しかったなあ」

と振り返るためのものではありません。


そのために必要な機能として、


できるだけ高画質(高解像度)であること=事故った相手の車のナンバーがちゃんと認識できる解像度がないと、証拠として認められない可能性がある。「Full HD(FHD)」と次いで「HD」「VGA」などありますができるだけ「Full HD(FHD)」の物を選んだ方が無難です。画素数を基準にしてドライブレコーダーを選ぶ場合、最低でも200万画素以上のものを選んだほうが良いでしょう。ただ気をつけなくてはならないのが、画素数がいくら高くてもレンズが悪いと解像度が落ちてしまう点でしょうか。スマホやガラケーで画素数が大きいのに写真を撮ったらがっさがさのぼっけぼけなんて経験と同じ。


できるだけ多くの情報を録画できること=広角で撮影できると事故が起きたときの周囲の状況も判り易いので証拠となりやすい。前方のみならず、後方も録画できるとなお良い。

・高画質・高解像度・高角度に加え、フレームレート(1秒間に何コマ撮影できるか)も重要。簡単に言うと電力の周波数(東日本が50Hz、西日本が60Hz)に対しドラレコの撮影の間隔が同期しないフレームレート27.5fpsの物を選択した方が良いでしょう。これ判っていないといざ事故が起きたときに信号がどうだったか検証する際、信号の色が全く映っていないなんてことになります。(詳しく知りたい方は「ドラレコ フレームレート」でググってみましょう。

・電源供給がされているか?=事故が起きて例えばバッテリーの+(プラス)や-(マイナス)のコードが切れて車へ電源供給されなくなってもドラレコ本体にバッテリーバックアップ機能があるか否か。主に「スーパーキャパシタ」と呼ばれるコンデンサの一種が用いられているのが殆どですが、バッテリーバックアップ機能が無い物は買わない方がよいでしょう。


このあたりをちゃんと押さえておかないと折角買っても何の証拠にもならない無用の長物になりかねないですね。

最近ではYOUTUBEにドラレコで録画された物がアップされているので、買おうと思った機種の画質を知りたい場合まずYOUTUBEで探してみるのも手かと思います。


高い機種になると動体検知機能や中央線逸脱、前車車間アラームなども付いているので自分の運転が心配な人はそういう機種もよいかもしれません。




この度鬼おススメタイプのドライブレコーダーを購入しました。




ドライブレコーダーの代わりにたしかにスマホでも録画は出来るんですが、車に乗った際にいちいち取り付けなければならないのと、電源を入れて動画録画をセッティングしてから、、、、というのが意外と面倒だったりします。



この記事を今読んでいる方はすでにスマホで試してみたけどやっぱり

面倒だからドライブレコーダーを購入してみようかと悩んでいらっしゃるのでは

ないでしょうか?



量販店に行っても数々のドライブレコーダーが売っていて、どのようなタイプを

選んだらよいか?

価格は高いほどよい?


など悩みますよね?


まず価格帯ですが、日本製の物は確かに高いですし、画質もよいでしょう。




2万円クラスのドライブレコーダーであればある程度満足は出来ると思いますが、


★2万円クラスのドライブレコーダー(ユピテルが人気)★


5千円台の中国産のドライブレコーダーでも最近は品質が高いので

HD録画対応のものなら5千円台の物でも結構おすすめできます。


★5千円台のドライブレコーダー★





●ドライブレコーダーの種類
ドライブレコーダーには幾つかのタイプがあるので整理してみましょう。
私が知る限りでは大きく分けて3タイプでしょうか。


①ドライブレコーダー吊り下げタイプ

吊り下げタイプのドライブレコーダーはなるべく視界に入らないルームミラー

裏側に貼り付けるのが良いでしょう。ただしフロントガラスとルームミラーの間隔が

狭い場合はどうしても視界の邪魔になる位置に貼らなくてはならない場合もあります。

それと気をつけたいのはドライブレコーダーが重過ぎると、フロンドガラスに貼り付け

している吸盤がはがれる場合があることと、車の振動でドライブレコーダーがフロント

ガラスにヒットして、最悪な場合はフロントガラスにヒビが入ってしまった、、、という

話も聞いたことがあります。



②ダッシュボード据え置きタイプのドライブレコーダー

TK-SERVICE 2.7インチ液晶モニター フルHD1080P

ITPROTECH IPT-DRFHD300DB ドライブレコーダー ハイエンドモデル

これら以外にも探すといっぱい出てきますがダッシュボードに置く、あるいは専用

キットのマウントで固定するタイプのドライブレコーダーです。

置くタイプのドライブレコーダーもなるべく視界に入らない位置に置く必要があります。

あまり前過ぎると吊り下げタイプ同様にフロントガラスにヒットすることがあるので

手前に設置することになりますが、やはり視界を妨げる可能性があります。


ルームミラー(バックミラー)タイプのドライブレコーダー

そしてやっと本題。断然イチオシおすすめドライブレコーダーです。

今私がつけているのがこのルームミラーに取り付けるタイプのドライブレコーダーです。

ドライブレコーダー自体がルームミラーになるので全く視界の邪魔になりません。

・車の純正のルームミラーに上下でがっちり固定するバネ+吸盤でミラーに貼り付け
るので振動で外れることがありません。

ルームミラーに取り付けるのでさりげなく、外観を損ないません。

すでに購入してから2年経ちますが全く問題なく使えています。


逆光で見づらいですが、ミラー一体型ドライブレコーダーは
視界の邪魔になりません






















最近の製品ではスペックはある程度揃っていると思います。購入する際はどのタイプで
あっても以下のスペックはこだわったほうが良いと思います。


フルハイビジョン録画ができる・・・低解像度の録画しか出来ないタイプだと
画質が落ちるので肝心なナンバーなどが判別できないことがあります。


・車のエンジン始動録画開始、エンジンoffで自動的に撮影を終了、データ保存
・・・このタイプじゃないといちいち電源入れるのが面倒なので使わなくなってしまいます。
あるいは電源入れ忘れなんてこともありえます。


動画のデータを上書き保存、古いデータは自動消去・・・いちいち消去しなくて良いので
自動消去してくれるタイプが断然楽です。


・おまけ・・・人感センサー機能付きで駐車中でも人が近づくと数秒間録画する機能。
私のドライブレコーダーにも付いている機能なのですが、イグニッションオフの状態だと
通電していないのでこの機能は動いていないようです。この機能を謳っている商品は
注意したほうが良いかも。防犯に良いと思っていても駐車中は電源が入っていないので
バッテリー内臓タイプでもない限り作動しないような気がします。
楽天のコメントなど注意して見ておいた方が良いと思います。

ミラータイプのドライブレコーダーをアマゾンで探す

ミラータイプのドライブレコーダーを楽天で探す

ミラータイプのドライブレコーダーをYahooショッピングで探す






 デッドニングや風邪きり音対策の商品をまとめてあります→車のDIY改造に最適なアイテム各種

人気車種の各種パーツを探すならこちら→人気車種のパーツ・グッズ一覧通販リンクTOPページ


他の記事はコチラを参照してください→記事一覧メニュー



この記事が役に立った!と言う方はポチッと応援お願いします


人気ブログランキングへ